産み分けゼリーについて

産み分けゼリーを使うタイミングはいつ?

更新日:

産み分けゼリーは、膣内に注入することで膣の中を酸性またはアルカリ性に傾ける目的で使われます。

酸性に傾けば、女の子になる精子に有利な環境に

アルカリ性に傾けば、男の子になる精子に有利な環境に

それぞれ近づけることができるわけです。

では、この産み分けゼリーを膣内に注入するタイミングはいつがベストなのでしょうか?

 

産み分けゼリーは性交の直前に注入する

産み分けゼリーは、ゼリーによって膣内のpH値をコントロールして、男の子になる精子・女の子になる精子に有利な環境を作るものですので、できれば射精する直前に注入して数分なじませたあとで射精という形が理想的ではあります。

ただ、そうは言っても、行為の途中で注入となるとタイミング的に難しい場合がほとんどですよね。射精という相手の生理現象があることですので、そんなに簡単にうまくいくわけではありません。

ですので、性交の直前にサクっと注入しておくのが、現実的にベストなタイミングと言えるでしょう。

 

ゼリーとタイミング法の併用でさらに効果アップ!

女性の体は1か月の中でも色々と変化が起こります。

実際、女性の膣内は外部から菌などが入り込むのを防ぐため、ふだんは酸性が強い状態になっています。

ただ、排卵日になると、膣内でアルカリ性粘液が分泌されて、酸性だった膣内環境がアルカリ性に傾くのです。

こうした女性の体の変化サイクルをうまく利用して、産み分けをすることを「タイミング法」と言います。

女の子がほしい場合→排卵日の2日前

膣内が酸性のときは、女の子になる精子にとって有利になります。ですので、排卵日(またはその直前)になって膣内がアルカリ性に傾いたときに性交するよりも、排卵日の2日ほど前、まだ膣内が酸性のうちに性交する方がいいのです。

*女の子になる精子は泳ぐスピードが遅く、寿命も2~3日と長いので、計算上はちょうど排卵のタイミングに間に合って卵子のところに到着すると考えられます。

このように、膣内が酸性のタイミングを狙って、さらにゼリーを併用してその酸性度合いをしっかり保つことで、より女の子になる精子に有利な環境を作り上げるというわけですね。

男の子がほしい場合→排卵日直前または当日

逆に、膣内がアルカリ性のとき、男の子になる精子にとって有利になります。なので、排卵日の直前か排卵日当日、ふだん酸性の膣内がアルカリ性に傾いたタイミングで性交するのがいいのです。

*男の子になる精子は、泳ぐスピードが速く、寿命も1日ほどと短いので、排卵日当日に性交しても十分に間に合うと考えられます。

このように、膣内がアルカリ性になるタイミングを見計らって、しかもゼリーを使うことでアルカリ性度合いを高く保つことで、より男の子になる精子に有利な環境を作り上げることができるというわけです。

 

 

使いやすさ・安全性・コスパがいい産み分けゼリーは?

ベイビーサポート

ベイビーサポート

日本で販売されている産み分けゼリーの中で、

「使いやすさ」「安全性」「コスパ」

このすべてにおいて優れているのはベイビーサポートです。

使いやすくて衛生的なシリンジ容器入り

国内の成分を使って国内製造(箱や容器もすべて国内産)

1本で膣内に行きわたるのに十分な量

もちろん、男の子・女の子になる精子にとってそれぞれ有利になるようなpH調整をする成分もしっかり配合されています。

さらに、まとめ買いをしたけど希望の結果を得られてベイビーサポートがあまってしまったというご夫婦のために

「おめでた返金キャンペーン」

を行っています。

「使いやすさ」「安全性」「コスパ」だけでなく、こうした細かい心づかいが多くのお母さんに支持される理由なんですね。

-産み分けゼリーについて

Copyright© 産み分けゼリーは効果あり?安心して使えるゼリーを徹底調査 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.