産み分けゼリーについて

産み分けゼリーは産婦人科で購入すべき?

更新日:

産み分けゼリーには、産婦人科で出してくれるものと通販で購入できるものがあります。

産婦人科で出してくれるもの

ピンクゼリー・グリーンゼリー

通販で買えるもの

ハローベビー

ベイビーサポート

(ピンクゼリー・グリーンゼリーも「生み分けネット」で通販購入できます)

 

産み分けゼリーは医薬品ではない

産婦人科で購入できると言うと、まるでお薬のように思うかもしれませんが、あくまで「潤滑ゼリー」です。医薬品ではありません。その点は、産婦人科で出してもらえるものも、通販で購入するものも変わりはありません。

産婦人科で出してもらうものには特別な薬用の成分が配合されているということではないのです。

 

産み分けゼリーを産婦人科で購入するときのメリット・デメリット

ピンクゼリー・グリーンゼリーというのは、もともとは産み分けの草分け的存在である「杉山産婦人科」で作られたゼリーです。ただし、今では杉山産婦人科の医院では販売しておらず、「生み分けネット」というサイト経由で購入するか、SS研究会という産み分けのネットワークに参加している全国の産婦人科医院で購入するかのどちらかの方法で手に入れることができます。

 

ただし、産婦人科で購入する場合は、「ゼリーだけ売ってください」というわけにはいきません。ちゃんと産み分け診療を受けて、先生の指導のもとにゼリーを購入して使用するという形になります。

このため、メリットとしては

診療を受けるため、より正確な排卵日を知ることができる

という点があります。

 

その一方で、次のようなデメリットも。

ゼリーが欲しいだけなのに、診察を受ける必要があるので余計な費用がかかる(初診料だけでも4~5,000円は考えておいたほうがいいでしょう)

*生み分けネットの通販で購入する場合にも、最初は登録料として5,000円がゼリー代とは別にかかります。

 

どちらがいいかというのは、ご夫婦の事情や環境によっても変わると思いますので、一概に「病院で出してもらうほうがいい」とか「通販のもののほうがいい」とは言い切れない部分はあります。

もともとかかりつけの産婦人科がSS研究会に参加していて、グリーンゼリー・ピンクゼリーを取り扱っているという場合であれば、相談しながら使ってみるというのもいいかもしれません。

逆に、病院にかかってまで大げさにしたくないというご夫婦もいるでしょう。自宅で自分たちのできる範囲内で産み分けに挑戦してみたいというのであれば、ハローベビーやベイビーサポートといった通販で購入できるゼリーの方がいいでしょう。病院のものよりも質が落ちるとかそういう心配はありません。

 

使いやすさ・安全性・コスパがいい産み分けゼリーは?

ベイビーサポート

ベイビーサポート

日本で販売されている産み分けゼリーの中で、

「使いやすさ」「安全性」「コスパ」

このすべてにおいて優れているのはベイビーサポートです。

使いやすくて衛生的なシリンジ容器入り

国内の成分を使って国内製造(箱や容器もすべて国内産)

1本で膣内に行きわたるのに十分な量

もちろん、男の子・女の子になる精子にとってそれぞれ有利になるようなpH調整をする成分もしっかり配合されています。

さらに、まとめ買いをしたけど希望の結果を得られてベイビーサポートがあまってしまったというご夫婦のために

「おめでた返金キャンペーン」

を行っています。

「使いやすさ」「安全性」「コスパ」だけでなく、こうした細かい心づかいが多くのお母さんに支持される理由なんですね。

-産み分けゼリーについて

Copyright© 産み分けゼリーは効果あり?安心して使えるゼリーを徹底調査 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.